MENU

スカルプシャンプーの売れ筋ランキング

 

育毛剤

ヘアリプロの特徴

アデランスの男性用スカルプケアシリーズ「ヘアリプロ」
アデランスのプロの育毛は、ヘアチェックから始まり、一人ひとり異なる髪の悩みを聞いたうえで髪と頭皮の状態を確認、最適なアドバイスを行います。

価格 初回限定1,836円
評価 評価5
備考 『育てるなら』新ヘアリプロだ!!
ヘアリプロの総評

サロンでお客さまに対するのはすべて美容もしくは理容の国家試験を有した髪の専門家です。
髪のことを考え続けて40年以上、一人ひとりに最適化したプロのサービスが、これまでお客様に支持されてきた理由です。この経験と実績から得たデータやノウハウを元に、ヘアリプロは開発されています。


ヘアリプロの詳細はこちら 

 
 

LUXE

モテる男のシャンプー「LUXE」の特徴

天然由来の上質なシルクアミノ酸を使用し、髪と頭皮を優しく洗い上げます。
加えて、インド伝承の3種のハーブを配合!
疲れた頭皮に心地よい潤いを与え、頭皮環境を整えます。

価格 3,120円
評価 評価4
備考 楽天ランキング1位獲得の実力派スカルプシャンプー!
モテる男のシャンプー「LUXE」の総評

コンディショナー不要!
これ1本で頭皮ケアはOKという手軽さは、毎日忙しい男性にピッタリ!さあ、LUXEで今すぐ頭皮ケアを始めましょう♪


「LUXE ラグゼ」の詳細はこちら 

 
 

馬油スカルプシャンプーの特徴

頭皮・毛髪のお悩み専用アミノ酸シャンプー 創業130年のお肌専門の製薬会社から誕生した自信作。

価格 4,320円
評価 評価3
備考 楽天週間 MVP受賞
馬油スカルプシャンプーの総評

リバテープ製薬のリマーユスカルプシャンプーの使用感は泡立ちや洗い上がりなどすごくよく、有効成分・洗浄成分のバランスが抜群によいシャンプーだと実感できました。
自信を持ってオススメできる商品だと思います。


リマーユスカルプシャンプーの詳細はこちら

 
 

スカルプシャンプーのランキングを口コミから検証しました!

一般に市販されているシャンプーは髪自体のホコリや脂などの汚れを洗い流し、髪本来の艶や潤いを保つ為の物ですが、スカルプシャンプーとは頭皮(スカルプ)のホコリや皮脂などの汚れを綺麗に洗いながすことを目的として誕生した商品です。

 

というのも、髪を健やかに育てる為には、頭皮の状態を正常化して髪が生えやすい状態にしておくこが必須条件であることが理由だからです。
頭皮が皮脂や雑菌まみれだと頭皮が炎症を起こし、脱毛の原因やそもそも髪の毛が正常に生え変わりしない可能性が出てきます。

 

その為、髪の毛を育てるにはまず頭皮の環境整備からという理由で、薄毛やAGAなどに悩む男性に向けて一般的に頭髪を洗浄するシャンプーでは無く、頭皮を洗浄するスカルプシャンプーが様々なメーカーから販売されるようになりました。

 

しかし、それと同時にスカルプシャンプーに対して大きな2つの誤解が生まれてしまいました。

 

1つ目は頭皮の脂や皮脂が絶対的な悪者で、それが原因で髪が抜けるという誤解です。
残念ながら頭皮の脂や皮脂で髪の毛が抜けてしまうという医学的な理論は一切ありません。
勿論、過剰に頭皮に脂が出て皮脂で毛穴が詰まり雑菌が繁殖してニキビだらけになってしまう脂漏性皮膚炎に掛かってしまうと、頭皮が膿んだりして髪が正常に生えない場合があります。

 

しかし、この場合を除いてはその限りではありません。
スカルプシャンプーを選ぶ上で「頭皮の脂 = 脱毛」という、先入観はまず捨て去っておくべきです。
また、頭皮の皮脂は頭皮への雑菌の侵入を防ぎ、頭皮中の水分を保つという重要な役割があることを知っておきましょう。

 

2つ目は頭皮の脂をしっかり取れるスカルプシャンプーほど優れているという誤解です。
人間にはホメオステイシス(恒常性維持機能)という体の状態を一定に保とうという機能が備わっています。
これにより、頭皮を過剰に洗浄することで、PH(ペーハー)や皮脂膜量のバランスが崩れてしまいます。

 

スカルプシャンプー,ランキング

 

そうなると、それに対してホメオステイシス(恒常性維持機能)が働き、頭皮の皮脂量を一定に保とうとするが故に、更に頭皮の脂の分泌量が増えてしまうという弊害が生まれるケースがあります。
また、前述しましたが、頭皮への雑菌の侵入を防ぎ、頭皮中の水分を保つ皮脂が全て除去されてしまうと頭皮環境の改善どころか、頭皮環境の悪化に直接的に繋がってしまいます。

 

このように、スカルプシャンプーは抜け毛や薄毛、AGAに悩む人にとって希望の星でありながらも、その選び方や比較方法を間違ってしまうと、毒にも薬にもなってしまいます。

 

スカルプシャンプーのランキングから見るその実力は

男性におきる抜け毛は、いくつか原因があると言われております。
頭皮への血液の巡りが悪くなり、それが原因で起きてしまう抜け毛。
皮脂の異常分泌による抜け毛。
そして良く言われている、男性ホルモンが原因で起きてしまう抜け毛。
しかしこの男性ホルモンが原因の抜け毛ですが、多くの方が誤解をしていると思います。 実は男性ホルモンそのものが悪いわけではありません。

 

男性ホルモンに多く含まれる成分と、5-aリダクターゼという酵素がくっついてしまうと 抜け毛の大きな要因であるジヒドロテストステロン(DHT)が作られてしまうと言われております。
以上3つが抜け毛の主な要因です。

 

こんな男性、多いのではないでしょうか。 同僚や友人に気軽に相談できるような悩みでは無いですよね。
そこで今回は、周りに気付かれず、こっそり抜け毛対策の準備として、おすすめのシャンプーをランキング形式でご紹介します。
周りに気付かれない方法で、一緒に抜け毛対策をしてみましょう!

 

スカルプシャンプー,ランキング

 

では、どのようなシャンプーならばよいのでしょうか。
理想的なのは、低刺激で髪にも肌にも優しいシャンプーです。
皮脂を取りすぎず残しすぎず、適度な量に保ってくれるシャンプーが、抜け毛対策準備に効果的なのです。

 

つまりは、頭皮を整えてくれるシャンプーを選ぶ事が大切と言う事です。
かといって、洗浄力が強ければ強いほど良いという訳でもありません。
皮脂の落としすぎもまた、頭皮環境の悪化につながるからです。
頭皮環境改善のために、頭皮に適度に潤いを与え、ハリ・コシを生み出すような、シャンプーを選びたいですね。

 

過剰な皮脂が抜け毛の原因になる事は、先ほどもお伝えしましたね。
頭皮の皮脂が毛穴を塞いでしまい、髪が生えづらくなってしまうのです。

 

なので、抜け毛対策には、皮脂をよく洗い落とせるようなシャンプーが理想的です。
常日頃から使うシャンプーですが、実は抜け毛への影響も一定あると言われています。
何故抜け毛対策にシャンプー選びが重要なのか。
実際に、どのようなシャンプーが抜け毛対策の準備として良いのか。 ご説明致します。

 

スカルプシャンプーのランキングの人気商品を使ってみました。

洗浄成分は、アミノ酸系の洗浄成分やベタイン系界面活性剤といった高価なものがメイン安価なリンス不要シャンプーのような、刺激がとても強いラウリル・ラウレス硫酸といった石油系洗浄成分は使用されていません。
過度な刺激による危険性は無いと思います。

 

成分の主体になっているのは、ラウロイルアスパラギン酸Na液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液。
この二つはマイルドな洗い上がりで地肌に優しく、赤ちゃん専用のシャンプーにも使われています。

 

ブランドが売りにしているイメージは ‘‘おじさん臭くない大人の男‘‘。
臭いの部分でも「ウルオス」はこだわりがあるようです。

 

臭いという点では、最近のスカルプシャンプー「デオウ」でも男臭い加齢臭などを予防する効果があるとされています。
こちらも「ウルオス」同様にリンス・コンディショナーがありません。

 

以前デオウを使って洗髪しましたが、残念ながら私の中ではリピートは有り得ない使用感・洗い上がりでした。
その理由はスカルプシャンプーを名乗っているのに、頭皮環境が悪化してしまったからなのです。
これは過去によくみられたリンス不要シャンプーと同じような感じ。

 

洗浄成分が強すぎるので、頭皮は清潔になりますがカサついてパサパサになりウルオイが無くなってしまったのです。
「デオウ」を使用して以来、頭皮環境が悪化するのではと心配で、リンス不要のシャンプーには良いイメージがまったく無かったわけなのです。

 

スカルプシャンプー,ランキング

 

そこで今回レビューするシャンプーは名前通りに本当に “潤す”ことが可能なのか気になっていました。
総括すると「ウルオス」はあまりスカルプシャンプーっぽくありません。

 

エッセンシャルオイル配合が効いているのか、さっぱりというよりも ‘‘しっとり感‘‘ の方が強く、むしろオイルシャンプーみたいです。
洗髪後、時間が経つにつれ「潤す=ウルオス」の意味を実感。

 

これならたしかにリンスは不要で良いのかもしれません。
ただ、潤い効果が際立っているので、髪のボリュームは出しにくいです。

 

髪が短く・薄くなっている人にはあまり必要ない感じもしますね。
ウルオスの使用が向いているのは、髪が長めで傷みやすい人。

 

優しい洗浄力なので、頭皮ケアを毎日したいという人にも安心してシャンプーできるのでオススメです。
スカルプシャンプーとしては、なかなか質が良いと思います。

 
更新履歴

http://www.tctsb.com/ http://www.fabricablogger.com/ 参考にしてみてください http://www.artywave.com/